カテゴリー
風俗体験談

松島新地で見つけた黒髪美女のエッチな体を時間いっぱい堪能

 新型コロナウイルス問題が深刻化する直前、出張で大阪に行った際に松島新地へ行ってきました。就職以前は関西に住んでいたので松島新地には学生時代から通っていたのですが、今回は久しぶりの訪問でした。松島新地は、用事のあった梅田からは30分程度で行ける距離です。

 松島新地に着くと、まずは新地を一周します。この時好みの女の子を見つけて覚えておきます。この時は、1人好みのタイプの女の子を見つけることができました。

松島新地で見つけた黒髪美女を堪能

 1周目で見つけた好みの女の子がいた店に向かいました。時々、先客に取られてしまうことがあるのですが、今回は無事でした。僕好みの落ち着いた感じの黒髪美人です。早速入店しておばちゃんに彼女を指名することを伝えます。
 顔見世から出てきた彼女に先導されて2階に上がります。階段を上る時に、彼女の下半身が目の前に見えるのですが、今すぐ入れたいという感情を煽ってきます。彼女が僕の視線に気づいてか、どうかしたのかと尋ねてきます。今すぐ入れたいなんて、さすがに言えませんでした。(笑)

 彼女の印象は凄く気配りのできる感じで、優しい大人のお姉さんといった感じがします。年齢的には僕の方が彼女より年上なのに、甘えたくなるような感じでした。
 通された部屋は少し広めの和室で、すでに敷布団が敷かれています。この布団の上で彼女を抱くと思うだけで息子はカチカチの臨戦態勢でした。
 30分の代金16000円を渡すと、一旦彼女は退出。その間に僕はパンツ一枚になって彼女を待ちました。

 彼女が戻ってくると、早速彼女の衣服を脱がしていきます。彼女はおっぱいも大きくEかFカップはありそうでした。衣服を脱が時、体を密着させていたので、勃起した息子を彼女のお尻にスリスリ。もう大きくなってるよ、なんて言われながらお互い全裸になるとバスタオルを巻いてシャワールームに行きました。

 彼女に勃起した息子や愛撫されそうな場所を洗ってもらいます。勃起した息子を洗われた時は、今すぐ入れたいぐらいでしたが、「部屋に戻ってから(笑)。じゃあ、先に部屋で待ってて」ということで、部屋に先に戻りました。

 彼女が戻ってくると、早速、敷布団に横になりました。彼女はおっぱいを押し付けつつ乳首舐めから徐々に下の方へと舐めていきやがて息子を咥えてくれました。彼女のフェラは、非常に気持ち良かったです。そして彼女から、上になるか下になるか聞かれたので、僕が上になることを選択しました。彼女はフェラをしつつゴムを装着してくれました。
 彼女が敷布団に仰向けに寝転ぶと、僕は彼女の股を開き、彼女の秘所に正常位で挿入しました。彼女の中は非常に暖かく、締りも良くて少し動くだけで抜かれてしまいそうになりました。最初の内はゆっくり味わうように楽しみました。刺激に少し慣れてきたところで、平常通りのスピードでピストンができました。彼女の乱れた黒髪と揺れるおっぱい、目をつぶって少し横を向いている顔、すべてが煽情的でした。やがて、下腹部から込み上げてくるものがあり、フィニッシュを迎えました。ゴムの中には大量の精液が放たれました。後始末の後、少し時間があったので裸のまま二人で抱き合って横になったのですが、優しいお姉さんに抱かれている感じで凄く癒された時間で
した。

黒髪美女とのエッチな時間に大満足

 風俗の女の子って時々ものすごくサバサバした感じの女の子がいるのですが、今回の女の子はその対極といった感じでした。彼女は風俗経験もそれなりにあると自分で言っていましたが、僕は凄く優しく気遣いできる性格と綺麗かつ煽情的な体の虜になってしまいました。また機会があれば彼女のもとを訪問したいです。

松島新地のことを詳しく知りたい方は、柳川さんの松島新地の求人サイトを参考にしてください。大変参考になります。

カテゴリー
風俗体験談

沢山稼げると自信に繋がる!風俗で稼いだ経験は、その後の自分の糧になる!

風俗って聞くと、恐いイメージがあったけど…
私は自分の収入で専門学校へ通うため、風俗(ホテヘル)のお仕事を始めました。
初めは、いきなり風俗店で働くのは不安で、ガールズバーやキャバクラ…といったお酒を飲むのが中心のお店に入店したけれど、高校を卒業したばかりでお酒の飲めなかった私には稼ぐのが難しく、長時間働いても昼間のアルバイトと変わらないくらいの給料しか貰えなくて正直げんなりしてました。

でも、ある時ホテヘルの仕事を紹介して貰って働き始めると…それまで恐いと思ってた風俗店のイメージもガラリと変わりました。しかも、キャバクラと同じ時間働いて、キャバクラの時のお給料の倍以上の収入が貰えるようになり…それまでやり甲斐なんて1ミリたりとも感じて無かった仕事に対して、やり甲斐すら感じるようになりました。
私の入店したお店は、いわゆるイメクラ系のホテヘルで、お客様にお願いされたらコスプレなんかもするようなお店でした。

今までコスプレなんてしたことの無かった私にとっては、ハッキリ言って恥ずかしかったし、そんなの要求してくるお客さんなんてちょっと気持ち悪い…と内心思いながらも、仕事だし仕方ないと思って働くことに。

けど、周りの女の子も同じようにコスプレするんだって思ったら案外コスプレすることにも慣れてきて、恥ずかしさなんて入店して1週間もしない内に薄れていきました。

しかもそのお店は優良店として業界でも有名なお店で、身分証明書のコピーを提出して登録した会員の方しか利用することの出来ないようなお店でした。だからコスプレを希望してるといっても、意外とみんな普通の会社員の方ばかりで、過剰なサービスを求めてくるような嫌なお客様もおらず、不潔だったりするような人も利用をお断りしている所だったので、入店前に想像していたような辛さは微塵も感じませんでした。

もちろん、身体を使う仕事なので、ラクチンとまでは言えないけれど、安い時給でお酒臭いお客様に下ネタを話されたりしながら場を盛り上げなくちゃいけないキャバクラよりも、全然やり甲斐も感じれるし、何より、短い時間でも着実な稼ぎに繋がるから生活が充実していました。

風俗に偏見?そんなこと言ってるの、今どき時代遅れ!

「風俗で働いてたなんて、絶対周りに言えない…」そういう人、まだ居るんだろうなと思うけれど、私から言わせれば、そんなの正直時代遅れだなと思います。

不景気なこの時代、女の子が稼げる仕事なんてあんまり無いから、みんな口には出してないだけで、当たり前に働いてる。

私と一緒に働いてた女の子は、16歳で妊娠して子供を産んだシングルマザーの子や、看護師を目指して学校に通いながら働く学生の子、親に仕送りをする為にホテヘル一本で働く子など…様々な状況の子たちが居たけれど、いわゆる『夜の人』というような派手な格好でも無かったし、本当に”普通の子たち”ばかりでした。

お店によってはランキングなんかもあるかもしれないけれど、キャバクラみたいに同じお客様にみんなで接客する…みたいなのも無いし、指名の子の代わりのヘルプみたいな事もしないおかげで、変に女の子同士でギスギスすることも無いし、和気あいあいとしたお店という雰囲気でした。

だからよく、近い時間に退勤した女の子と、帰りにご飯へ行ったりドン・キホーテでショッピングしたり…お互いに恋愛の相談をしあえるくらい仲良くなれる子も居たりして、個々の力で自分の稼ぎをアップさせるっていうシステムだからこその良さみたいなのも感じました。

お店選びの時は、一緒に働く女の子以上にボーイさんの事も心配する子が多いと思うけれど、優良店ならボーイさんは紳士な対応をしてくれるし、身体を使う仕事でもあるから、体調面・メンタル面のサポートは本当にしっかりしてくれます。

嫌なことを強要してくるようなお客様は居なかったけれど、やっぱり性格的に合わない気がする…みたいな悩みはあって、そのお客様に指名される度に憂鬱な気持ちでいたら、ボーイさんがすぐに気づいて「大丈夫?何かされた?」と凄く気にかけてくれました。

その性格が合わないと思ってたお客様に関しても「指名をしてくれてるって事は、●●ちゃんの事が好きってことなんだから、ありのままで居てくれた方が男は嬉しいよ」とアドバイスをくれ、男性目線でのアドバイスが貰えると参考にもなったし、何より気持ちがとっても楽になりました。

そんな環境で約半年くらい、週4日~5日で働いていたけれど、あっという間に貯金は三ケタ台へ突入…プライベートな時間もしっかりあるのに、お金が無くなる不安もなくて、生活的にも気持ち的にも余裕がもてました。

今、変な偏見や不安のせいで、お金は欲しいのに風俗店で働く勇気は無い…って人、まずは体験入店から、飛び込んでみてもいいかなと思います。

もちろん無闇に近場のお店に飛び込むのではなく、自分に合ったお店はどんなのだろうって相談してみて、自分に合った優良店を探してから!

風俗店だからといって、悪いお店ばかりじゃない。女の子にお金の稼ぎ方を教えてくれる、お金を稼いだ充実感を感じさせてくれる、お金が稼げるっていう自信をつけさせてくれる…それが風俗で働くっていうことの醍醐味です。

そのときに参考になるのが柳川さんの風俗求人サイトです。今の風俗求人サイトは嘘まみれですが、柳川さんは信用できる高待遇・好条件のソープランド求人を紹介してくれます。気になる方は柳川さんが監修している「ソープランド求人」を見てください。